スポンサードリンク

ドラマ

【画像】観月ありさの顔が怖すぎる!変わった理由は劣化か整形?演技も上手いと評判

スポンサードリンク

ドラマ「私たちはどうかしている」観月ありさ高月椿(横浜流星)の母親、和菓子屋「光月庵」の女将高月今日子で出演していますが、意地悪な嫁いびりをする演技がうますぎて顔が怖いと話題になっています!

また観月ありさは最近顔が変わったと言われていますが、その理由は加齢による劣化なのか、それとも整形なのでしょうか?

今回は観月ありさの怪演の怖い顔の画像、また顔が変わった比較画像、変わった理由は劣化か整形なのか?について見ていきたいと思います。

スポンサードリンク

「私たちはどうかしている」のあらすじ

ドラマ「私たちはどうかしている」のあらすじは以下になります。

浜辺美波が演じているのは才能溢れる和菓子職人花岡七桜(はなおかなお)

横浜流星が演じているのは創業して400年の古い和菓子屋の息子である高月椿(つばき)

七桜の母親が住み込みながら働いていた老舗和菓子屋「光月庵」で、七桜は幼い頃に椿と出会っていた。

しかし15年前に「光月庵」で殺人事件が起き、無実である七桜の母親が殺人の容疑をかけられて逮捕されたのですが、そういった過酷なエピソードや恨み、運命などに翻弄されながら2人が恋をしていくストーリーとなっている。

第2話では高月椿(横浜流星)が花岡七桜(浜辺美波)に急にプロポーズをし、七桜は15年前に起きた殺人事件の罪をきせられた母親の無実を証明する為に、椿は自分の目的の為に、お互い夫婦の振りをして「光月庵」に住むことになるが、お互い本当に心惹かれ始めていってしまう。

特に七桜は15年前に無実である七桜の母親がその罪をきせられ椿のことを恨んでいるのに心惹かれていく様子がよく表現されています。

また七桜(浜辺美波)は高月椿(横浜流星)の母親、和菓子屋「光月庵」の女将であり役の観月ありさからひどい嫁いびりをされます。

観月ありさの顔が怖すぎる!「私たちはどうかしている」【画像】

ドラマ「私たちはどうかしている」観月ありさ高月椿(横浜流星)の母親、和菓子屋「光月庵」の女将であり姑役で出演していますが、嫁いびりをして七桜(浜辺美波)をいじめる演技が上手すぎて顔が怖いと話題になっています!

観月ありさと言えば「ナースのお仕事」「あさくらぁ〜!」と怒られている、おてんばでユニークなナース役のイメージが強いですが、あれから20年程も経っていますので顔も雰囲気も変わっているはずで、今となっては姑役がしっくりハマっています。

とてもかんろくがあって、何と言っても表情がめちゃくやちゃ怖いです・・・

その顔が怖いと話題の画像はこちら。

特にこの怖い表情で壺を上から七桜(浜辺美波)を狙って落とそうとして持っているシーンは怖すぎます。

このドラマを見ている方は共感して頂けるかと思いますが、急に観月ありさの怖い表情が映し出されると本当にゾッとしてしまいます・・・

しかしその怪演っぷりはお見事ですね。

上記の口をドアップも、観月ありさの怖さが倍増して本当に恐怖です。。

スポンサードリンク

観月ありさの顔が変わった理由は劣化?整形?【比較画像】

ドラマ「私たちはどうかしている」高月椿(横浜流星)の母親、和菓子屋「光月庵」の女将であり姑役で出演している観月ありさですが、顔が変わったとの声が上がっています。

観月ありさをテレビで見たのは私も久しぶりですが、確かに顔が変わったと感じました。

嫁いびりをする姑役で怖い表情をしているので余計に変わったように見えるのもあるかと思いますが、やはり何度見ても気になってしまいます。

観月ありさの昔の顔画像はこちら。「ナースのお仕事」に出演していた時代。

顔が変わったように見える現在の画像はこちら。

「ナースのお仕事」に出演していた頃から20年程経っており、観月ありさは現在43歳ですのでそりゃ顔が多少変わるのは当然だと思います。

ネット上では「まるで別人」「頬が突っ張っている」「顔がパンパン」「むくんでいる」「浅野温子、広瀬香美に似ている」などの声が上がっています。

「顔がパンパン」と言われる理由は、観月ありさは元々顎のラインがスッキリしていてシャープだったのに、今は顎から頬にかけてふっくらとしていて顔がむくんでいるように見えるからでしょう。

そしてその変化が整形したのでは?ヒアルロン酸を注入したからではないか?と噂されているようです。

体は細いままですので視聴者から太って顔がパンパンになったという見解はされず、整形したと思われてしまっているのでしょう。

しかし整形したという真実は判明しておらず、加齢による劣化である可能性が高いのではないかと思われます。

スポンサードリンク

観月ありさの演技が上手いと評判!「私たちはどうかしている」

ドラマ「私たちはどうかしている」高月椿(横浜流星)の母親、和菓子屋「光月庵」の女将であり姑役で出演している観月ありさの演技が上手いと評判になっています!

ネット上では「演技がうますぎて怖い」「意地悪な姑役がハマりすぎ」「怪演しつつも共演者を引き立たせる隙のある演技」などと言われています。

その演技は本当に怖くて、観月ありさが急に出てくると鳥肌ものです・・・

次回以降もまだまだ観月ありさの怪演を見ないといけないと思うと恐ろしいです。笑

またこのドラマの黒幕は観月ありさが演じる姑役なのかどうかもこれからの見所ですね!

【わたどうの犯人、黒幕は誰!?についての記事はこちら】

わたどうの犯人(黒幕)は椿?七桜、女将、不倫相手、自殺の考察も!

【動画、画像あり。横浜流星が浜辺美波とのキス、ラブシーンで耳が赤いと話題についての記事はこちら】

【動画】横浜流星が浜辺美波とのキス・ラブシーンで耳が赤いと話題!画像あり。

【動画、画像あり。横浜流星と浜辺美波付き合っている?お似合いすぎる理由についての記事はこちら】

横浜流星と浜辺美波は付き合っている?交際の噂やお似合いすぎる理由

スポンサードリンク

まとめ

今回は

「私たちはどうかしている」のあらすじ

観月ありさの顔が怖すぎる!「私たちはどうかしている」【画像】

観月ありさの顔が変わった理由は劣化?整形?【比較画像】

観月ありさの演技が上手いと評判!「私たちはどうかしている」

について記載しました。

 

ドラマ「私たちはどうかしている」の高月椿(横浜流星)の母親であり、意地悪な姑役を演じる観月ありさの怪演は本当に怖くて見事なものです。

20年程前に出演していた「ナースのお仕事」のおてんばでユニークなナース役とは正反対の役柄ですね。

これだけ役がハマっているのも、歳を重ねた観月ありさの顔と雰囲気が少し変わり、貫禄がでたからでしょう。

芸能人は顔が少し変わっただけですぐに整形を疑われてしまいますが、観月ありさは整形はしておらず歳を重ねた為顔が変わった可能性が高いように思います。

ドラマ内での表情がとても怖い観月ありさですが、次回以降の怪演からも目が離せませんね。