スポンサードリンク

ドラマ

わたどうの犯人(黒幕)は椿?七桜、女将、不倫相手、自殺の考察も!

スポンサードリンク

ドラマ「私たちはどうかしている」こと「わたどう」黒幕15年前に高月樹を殺害した犯人は一体なのでしょうか?

犯人は七桜(なお)、椿(つばき)、女将(高月今日子)、女将の不倫相手(多喜川薫の父親)、大倉百合子、自殺など数人の予想が考えられ、とても気になります!

「私たちはどうかしている」漫画の原作をドラマ化しており、漫画でもまだ犯人が明らかになっていませんが犯人を考察していきたいと思います。(ネタバレ注意)

スポンサードリンク

「私たちはどうかしている」のあらすじ

ドラマ「私たちはどうかしている」のあらすじは以下になります。

浜辺美波が演じているのは才能溢れる和菓子職人花岡七桜(はなおかなお)

横浜流星が演じているのは創業して400年の古い和菓子屋の息子である高月椿(つばき)

七桜の母親が住み込みながら働いていた老舗和菓子屋「光月庵」で、七桜は幼い頃に椿と出会っていた。

しかし15年前「光月庵」殺人事件が起き、無実である七桜の母親が殺人の容疑をかけられて逮捕されたのですが、そういった過酷なエピソードや恨み、運命などに翻弄されながら2人が恋をしていくストーリーとなっている。

第2話では高月椿(横浜流星)が花岡七桜(浜辺美波)に急にプロポーズをし、七桜は15年前に起きた殺人事件の罪をきせられた母親の無実を証明する為に、椿は自分の目的の為に、お互い夫婦の振りをして「光月庵」に住むことになるが、お互い本当に心惹かれ始めていってしまう。

特に七桜は15年前に無実である七桜の母親がその罪をきせられ椿のことを恨んでいるのに心惹かれていく様子がよく表現されています。

また七桜(浜辺美波)は高月椿(横浜流星)の母親、和菓子屋「光月庵」の女将であり役の観月ありさからひどい嫁いびりをされます。

「私たちはどうかしている」の犯人(黒幕)は誰?

ドラマ「わたどう」黒幕15年前に高月樹を殺害した犯人は一体なのでしょうか?

「私たちはどうかしている」漫画の原作をドラマ化しており、漫画でもまだ犯人が明らかになっていないこともあり視聴者は黒幕がとても気になっているようです。

女将は怪しさ全開ですので、普通に考えると女将が犯人ではないか?」と予想する方が多いかと思いますが、それだと普通すぎるので何かひとひねりしているように思ってしまいます。

それでは犯人と考えられる人物を1人ずつ考察していきたいと思います!

考察①「私たちはどうかしている」の犯人(黒幕)は高月椿(横浜流星)?

「わたどう」の犯人(黒幕)高月椿(つばき)の可能性もあるのではないでしょうか?

事件が起きた時、高月椿はまだ5歳ですが凶器は刃物ですので殺害することは可能です。

また高月椿の記憶が所々途切れているので、自分が犯してしまったショックで記憶が飛んでいて覚えていないのかもしれません。

また高月椿は高月樹が亡くなっているところに居合わせており、しかも自分の両手が血で染まっていたので何か怪しさを感じてしまいます・・・

もしかしたら殺す気はなく、高月樹と大倉百合子が死のうと言い合いになっていた時に、それを止めようとして高月椿がナイフで高月樹を刺してしまったのかもしれません。

それでとっさに七桜の母親が犯人かのように罪をなすりつけてしてしまった可能性も考えられます。

考察②「私たちはどうかしている」の犯人(黒幕)は七桜(なお)?

まさかとは思いますが、「わたどう」の犯人(黒幕)花岡七桜(なお)の可能性も考えられます。

事件が起きた時、七桜(なお)はまだ5歳ですが凶器は刃物ですので殺害することは可能ですし、椿と同様七桜は記憶が所々途切れているので、ひょっとしたら自分が犯してしまったショックで記憶が飛んでいて覚えていないのかもしれません。

また七桜(なお)は赤色を見たり赤の花が目に入ると、衝撃で立ちくらみしたり気絶しそうに何度かなっていますので、自分の父親が殺されたトラウマによるものとも考えられますが、自分が父親を犯してしまった記憶が蘇り気分が悪くなってしまうとも考えられるのではないでしょうか?

自分の母親である大倉百合子が犯人だと罪をなすりつけられ、母親の無実を証明する為に高月椿と結婚しましたが、実は花桜自身が犯人で自分で気づいていないと考えるとかなりの衝撃ですよね・・・

この結末だととてもおもしろいのではないでしょうか?

スポンサードリンク

考察③「私たちはどうかしている」の犯人(黒幕)は女将?

「わたどう」の犯人(黒幕)としてまず怪しまれるのは、女将(高月今日子)でしょう。

女将の旦那は高月樹ですが、高月樹は大倉百合子(花桜の母親)と高校の時から付き合っており、女将と結婚してからも大倉百合子のことを愛していて肉体関係があった為、女将と高月樹との間に肉体関係がありませんでした。

そして女将は不倫をしており、その不倫相手との子供、高月椿(横浜流星)に「光月庵」の継がせたいと燃えています。

「光月庵」血縁者が店を継ぐという決まりがある為、高月樹が亡くなれば必然的に高月椿が店を継ぐことになり、女将にはしっかりとした動機があります。

しかし女将にはアリバイがあり、高月樹が亡くなった日、女将は高月椿と一緒の部屋で寝ており高月椿は女将が部屋から出ていくところを見ていないと言っているのです。

ただ気になることが1つあり、七桜は女将を見たと言っているのです・・・

どちらが何かの為に隠していることになりますね。

そして本当に女将が犯人であると物語的に何のひねりもなく面白さに欠けてしまうので、個人的には犯人が女将説はないのではないかと思います。

考察④「私たちはどうかしている」の犯人(黒幕)は女将の不倫相手(多喜川薫の父親)?

「わたどう」の犯人(黒幕)はまず女将が怪しまれるかと思いますが、女将には上記のアリバイがある為、共犯者がいたという可能性は考えられます。

女将の共犯者として考えらるのは、女将の不倫相手である多喜川薫の父親です。

多喜川薫の父親は女将にかなりぞっこんな様子ですので、女将の為に手を組んで共犯者になっていたとしてもおかしくありません。

スポンサードリンク

考察⑤「私たちはどうかしている」の犯人(黒幕)は高月樹?自殺?

「わたどう」の犯人(黒幕)高月樹、つまり自殺の可能性もあります。

高月樹は高校生の時から大倉百合子(花桜の母親)と付き合っており結婚しようとしましたが、大旦那(高月宗寿郎)に反対され、大旦那が勧めてきた女将と結婚しました。

その為女将と結婚をしてからも、高月樹は大倉百合子のことを愛していて不倫関係も続いていたのです。

「わたどう」漫画版での女将の回想では、大倉百合子が高月樹に「私と一緒に死んでくれるね」と言い、高月樹は同意しナイフを用意すると答えていたようです。

しかし女将いわく、「大倉百合子は高月樹と一緒に死ぬ直前になって、まだ小さい自分の子供を1人にはできないと言って逃げた」とのこと。

女将が言っていることが真実なのかどうかは分かりませんが、もし本当であれば高月樹は直前になって自分より子供をとった大倉百合子に失望して自殺してしまったのかもしれません・・・

【動画、画像あり。横浜流星が浜辺美波とのキス、ラブシーンで耳が赤いと話題についての記事はこちら】

【動画】横浜流星が浜辺美波とのキス・ラブシーンで耳が赤いと話題!画像あり。

【動画、画像あり。横浜流星と浜辺美波付き合っている?お似合いすぎる理由についての記事はこちら】

横浜流星と浜辺美波は付き合っている?交際の噂やお似合いすぎる理由

【画像あり。観月ありさの顔が怖すぎる!顔が変わった理由は劣化か整形なのか?についての記事はこちら】

【画像】観月ありさの顔が怖すぎる!変わった理由は劣化か整形?演技も上手いと評判

スポンサードリンク

まとめ

今回は

「私たちはどうかしている」のあらすじ

「私たちはどうかしている」の犯人(黒幕)は誰?

考察①犯人(黒幕)は高月椿(つばき)?

考察②犯人(黒幕)は七桜(なお)?

考察③犯人(黒幕)は女将?

考察④犯人(黒幕)は女将の不倫相手、多喜川薫の父親?

考察⑤犯人(黒幕)は高月樹?自殺?

について記載致しました。

 

ドラマ「私たちはどうかしている」の最終話の黒幕を考察する感じが、去年の人気ドラマ「あなたの番です」に似ていておもしろいですね。

犯人は女将以外の誰かだと思いますが、個人的には椿(横浜流星)か七桜(浜辺美波)だとなかなか衝撃的な結末になっていいのでは?と思ってしまいます。

こういった考察系は、やはり意外性を求めてしまいます。笑

最終話の結末がどうなるのか今からとても気になりますね!