スポーツ選手

石川佳純の兄弟、若い頃(子供時代や中学)は?住まいについても

スポンサードリンク

卓球日本代表の石川佳純(いしかわかすみ)

東京五輪オリンピックでは日本代表選手団の副主将に選出され、注目が高まっています!

この記事では東京五輪オリンピックで注目必至の石川佳純の兄弟や子供時代や中学生の頃、現在の住まいについて紹介します。

東京オリンピックに向け、石川佳純のことを更に知っていきましょう!

スポンサーリンク

石川佳純(いしかわかすみ)の兄弟は?

石川佳純(いしかわかすみ)には、5歳年下の妹梨良(りら)さんがいます。

以下の画像で石川佳純の向かって右側に立っている女性が、妹・梨良さんです。

石川佳純の妹・梨良さんは、幼いときから「気づいたときにはラケットを持って卓球をしていた」のだそう。

石川佳純と妹・梨良さんは山口県山口市で生まれ育ちましたが、小学校を卒業後にそれぞれ実家を離れ、妹・梨良さんはJOCエリートアカデミー入りました。

JOCエリートアカデミーとは、国際大会に出場できる選手を育てる機関

したがって両親はもちろん、石川佳純や妹梨良さんも小学生時代から将来の夢をしっかり描いていたということになります。

高校卒業までは実家で暮らす人が圧倒的多数な中、小学校卒業と共に実家を離れて寮暮らしという選択肢をしたところに相当な覚悟が見えますよね!

姉妹が実家で暮らしていた頃は、毎日のように姉妹喧嘩をしていたといいます。

しかし妹・梨良さんが小学校2年生のときに石川佳純が実家を出てしまったので、姉妹喧嘩は終わりを告げることになりました。

毎日顔を合わせていた姉と会えなくなり、妹・梨良さんは寂しい思いをしていたのだとか。

しかし現在はたくさん話すようになって喧嘩もなくなったのだとか。

お互いに成長した証ですね!

石川佳純の妹・梨良さんは、帝京高校青山学院大学へと進学しました。

高校や大学では卓球部員の一員として多くの活躍をしていたといいます。

大学時代には姉・石川佳純の遠征に同行し、石川佳純を影で支えていました。

なんでも石川佳純の妹・梨良さんは石川家の中でも一番の強運の持ち主で、福を呼ぶことから「福子」と呼ばれていたのだとか。

石川佳純は妹・梨良さんの力を借りることができれば、大きな大会でも結果を残せると考えたのでしょう。

結果として石川佳純は東京五輪オリンピックの切符を掴み、オリンピックに関しては3度目の出場を果たす予定です。

石川佳純の妹・梨良さんは大学卒業と同時に競技の道は諦めてしまい、現在は一般企業で社会人として働いています。

しかし今後も時間さえ合えば石川佳純の一番のサポーターとして大会に同行したり、影武者として働くとされています。

東京オリンピックでも石川佳純のサポートをするのでしょうか。

石川佳純の活躍はもちろん、サポーター役を務めるかもしれない妹・梨良さんにも注目です!

スポンサーリンク

石川佳純の子供時代(子供の頃)は?

石川佳純(いしかわかすみ)の子供時代についてですが、小さい頃から負けず嫌いな女の子だったといいます。

負けず嫌いだからこそ、オリンピックに3度も出場できる強い選手になっているのでしょうね!

石川佳純が卓球を始めたのは、白石卓球クラブに連れていかれた小学校1年生の時

石川佳純は小学生時代、なんと1日に8時間も卓球の練習に力を注いでいたのだとか。

いくら好きなこととはいえ、小学生で1日に8時間も卓球に打ち込めるだなんて相当な粘り強さがないと無理ですよね!

最初こそ遊び半分で行っていた卓球でしたが、7歳の誕生日にユニフォームをプレゼントされたあとは本格的に卓球を始めました。

なんと卓球を始めて3ヶ月で、「全日本選手権・バンビの部」で山口県予選を2位通過!

本選でもベスト64に入り、初戦を有終の美で終えました!

この結果を受け両親は石川佳純に卓球の才能があると確信し、自宅に卓球練習場を作ったほど。

平日は自宅にある卓球練習場で練習の日々。

休日は元国体選手だった石川佳純の母親がコーチを務めている「山口ジュニアクラブ」で練習の日々。

まさに卓球漬けの毎日を送ったのです。

努力の結果が出始めるようになったのは、石川佳純が小学校6年生の頃。

「全日本卓球選手権」に出場した小学校6年生の石川佳純は、高校生や大学生の敵を倒して3回戦まで勝ち進んだのです!

この頃からテレビでも取り上げられるようになり、「第2の愛ちゃん(福原愛選手)」と称されるようになりました。

スポンサーリンク

石川佳純(いしかわかすみ)の中学時代(若い頃)は?

石川佳純(いしかわかすみ)の中学時代、若い頃について振り返っていきましょう。

石川佳純は大阪府にあった私立・四天王寺羽曳丘(してんのうじはびきがおか)中学校に進学しました。

残念ながら2014年に4月に中学校が廃校、2019年3月には高校も廃校となってしまいました。

しかし石川佳純の他にも同じ卓球で活躍する藤井優子や、「ペコ」の愛称で知られているオクヒラテツコなどを排出した中学校として有名です。

ちなみに四天王寺羽曳丘中学校は、全国中学校卓球大会で11連覇を達成した卓球の強豪校。

 石川佳純が山口県にある実家からわざわざ出てきたのも頷けますよね!

石川佳純は中学時代、実業団のミキハウス卓球部に所属していました。

ミキハウス卓球部に所属した理由は、当時卓球界の絶対的エースだった福原愛と同じ土俵で練習をしたかったから。

日本のエースの近くで練習に励んだ石川佳純は、めきめきと実力を伸ばしていきました。

中学2年生のときに開催された「全日本卓球選手権大会」で、福原愛以来となる中学生でのベスト8進出という好成績を収めたのです!

2007年に開催された「世界選手権」では、史上最年少でダブルス代表に選出!

中学生とは思えない活躍を果たしたわけです。

ちなみに石川佳純は中学生時代、目が悪くてメガネをかけていました。

 卓球をする時もコンタクトではなくメガネ姿で戦っていたのだとか。

それでいて結果を残せるのですから本当にスゴイですよね!

高校生時代からはメガネ姿は見られなくなったので、コンタクトを入れているのかもしれません。

スポンサーリンク

石川佳純(いしかわかすみ)の住まいは?

石川佳純(いしかわかすみ)の住まいについて見ていきましょう。

前述の通り、石川佳純は山口県出身です。

しかし元を辿れば両親ともに福岡県民

両親の出会いのきっかけは、福岡大学の卓球部の同期だったからです。

大学を卒業後それぞれ福岡県内で働いていましたが、父親の転勤を機に山口県へ移住

その後石川佳純と妹・梨良さんが誕生しました。

石川佳純は誕生から小学校卒業まで山口県で育ち、中学入学と共に大阪府へ移り住みました。

通っていた私立・四天王寺羽曳丘中学校は中高一貫校

したがってエスカレーター式で、四天王寺高校へ進学しています。

高校を卒業した石川佳純は大学へは進学せず、全国農業協同組合連合会に所属して卓球を続けています。

現在の住まいは明らかになっていませんが、恐らく東京都内のどこかだと推測できます。

その理由は、大阪府よりも東京都のほうが練習相手を探すのに都合が良いから。

もう一つは石川佳純の良き理解者でありサポーターでもある妹・梨良さんが、東京都内で働いているという噂があるからです。

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Kasumi Ishikawa(@kasumi.ishikawa_official)がシェアした投稿

石川佳純の妹・梨良さんは、東京の高校と大学を卒業しています。

したがって就職先も東京都内の企業と考えるのがベター。

さらに妹・梨良さんは、「お互いに上京してからのほうが、姉妹関係が良好」と過去に話しています。

したがって石川佳純も、高校卒業と同時に東京に出たのではないかと推測できます。

とはいえ東京といっても広いですから、具体的な場所までは分かりませんでした。

ちなみに恐らく一人暮らしをしていると思いますが、料理は苦手みたいです!

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Kasumi Ishikawa(@kasumi.ishikawa_official)がシェアした投稿

誰に教わっているのでしょうね。 

石川佳純はプライベートな内容もインスタに上げているので、いつか上達した手料理も見てみたいですね!

【石川佳純は一重?足のネイル画像、色気や髪型、普段着についての記事はこちら】

石川佳純は一重?足指ネイル画像。色気やロングヘア、普段着も

【石川佳純の強さや得意技、恋愛、付き人は可愛いのかについての記事はこちら】

石川佳純の強さや得意技。付き人はかわいい?恋愛も気になる!

【伊藤美誠・水谷隼は仲良しか不仲?昔の幼馴染のおんぶ画像についての記事はこちら】

(おんぶ画像)水谷隼伊藤美誠は仲良し不仲?昔は幼なじみ!みまじゅん

【伊藤美誠の腹筋、足と腕は太い?平野美宇と仲良しで気が強いのかについての記事はこちら】

伊藤美誠の腹筋や足腕は太い?平野美宇と仲良しで気が強いのか

【伊藤美誠の子供の頃、祖母や姉、結婚や化粧についての記事はこちら】

伊藤美誠の子供の頃(昔)、祖母や姉は?結婚や化粧についても

【福原愛の高校時代の恋愛やぶりっこの噂、遊び人だったのかについての記事はこちら】

福原愛の青森山田高校時代の恋愛やぶりっこの噂!遊び人だった?

スポンサーリンク

まとめ

東京オリンピックで日本代表選手団の副主将を任されている石川佳純(いしかわかすみ)について見てきました。

石川佳純の妹・梨良さんの支えもあり、競技に集中できているのかもしれませんね。

また幼少期から卓球漬けな毎日ということも分かりました!

日々の練習の積み重ねが、今の石川佳純という人間を作っていることに間違いはありません。

努力の天才と言えますよね!

東京五輪オリンピックでは石川佳純を応援しましょう!