事件

市川長男と小沢翔の元妻は不倫男女関係?犯行理由・動機は?

長野県坂城町で小沢翔容疑者が市川さんの長女と次男をあやめた事件が起きました。

小沢翔容疑者プロフィールや顔画像、犯行動機・理由と、市川長男と小沢翔容疑者の元妻は不倫男女関係であったのか?について見ていきたいと思います。

今回は

事件の概要について

小沢翔容疑者のプロフィール

小沢翔容疑者の犯行動機・理由は?

市川さん長男と小沢翔容疑者の元妻は不倫男女関係?

について記載しました。

スポンサードリンク

事件の概要について

長野県坂城町の市川武範さんの住宅で起きた事件で、この家の長女の杏菜さん22歳、次男の直人さん16歳(高校生)、暴力団関係者の小沢翔容疑者35歳が死亡しました。

現場では3人の頭付近に撃たれた痕があり、3発発射されていたということです。

警察は小沢容疑者が窓ガラスを割って市川さんの住宅に押し入り杏菜さんと直人さんを、その後自殺したとみて拳銃の入手経路などを調べています。

事件当時、小沢容疑者の元妻をめぐりトラブルになっていた市川さんの長男は自宅から離れた場所に避難していたほか、市川さんも外出中でした。

家にいた市川さんの妻が犯行を目撃し近所の人を通じて通報したということです。

引用:https://news.yahoo.co.jp/

小沢翔容疑者のプロフィール

名前:小沢翔

生年月日:1985年、もしくは1984年生まれ

年齢:34歳

住所:不明

職業:不詳(暴力団関係者)

 

小沢翔容疑者の顔画像ツイッターFacebookなどのSNSも調べてみましたが、同姓同名のアカウントが複数でてきており手がかりが少ない為、現段階では特定できていません。

スポンサードリンク

小沢翔容疑者の犯行動機・理由は?

小沢翔容疑者の犯行動機・理由は、警察の調査によると市川さんの長男との間に小沢翔容疑者の元妻(嫁)を巡ってのトラブルとのことです。

警察によりますと、市川さんの長男が小沢容疑者の元妻と勤務先が同じで、元妻を巡り小沢容疑者とトラブルになっていたということです。

今月24日には、長男が暴行を受け警察が傷害の疑いで逮捕状をとり、小沢容疑者の行方を追っていました。

警察は25日から長男と両親、妹弟の5人を自宅から避難させる措置をとろうとしましたが、家族の意向で避難したのは長男だけでした。

警察は、小沢容疑者が杏菜さんと直人さんを撃った後、自殺したとみて、容疑者死亡のまま書類送検する方針です。

また、県警は「このような事件になり残念。検証の必要はあるがやるべきことはやった」としています。

引用:https://news.yahoo.co.jp/

市川さんの長男5月24日に小沢翔容疑者から暴行を受け、警察に報告し、警察は5月25日市川さんの長男だけでなく、父親、母親、長女、次男の5人を避難させようとしましたが、長男以外は避難することを選択しなかったようです。

市川さんの家族はまさか小沢翔容疑者が家にまで来ると思っていなかったのでしょうし、警察も事前に小沢容疑者を逮捕することができていればこの事件が起きるのを防げたかと思いますが、悪いのは罪を犯した小沢翔容疑者です。

スポンサードリンク

市川さん長男と小沢翔容疑者の元妻は不倫男女関係?

小沢翔容疑者の犯行動機・理由は、市川さんの長男との間で小沢翔容疑者の元妻(嫁)を巡ったトラブルとのことですが、この2人は不倫関係にあったのでしょうか?

市川さんの長男と小沢翔容疑者の元妻は勤務先が同じだそうです。

市川さんの長男と小沢翔容疑者の元妻は男女関係にあったか、職場が同じとのことですので男女関係はないが仲が良かった為2人は男女関係があると小沢翔容疑者に勘違いされていたのでしょう。

しかし小沢翔容疑者がそれだけ怒っていたという事は、2人は男女関係にあった可能性が高いかと思われます。

そして小沢翔容疑者は現在も元妻と関係があるか、会ってはいないがまだ未練があったのでしょう。

小沢翔容疑者の元妻は離婚をしていますので、元妻が誰かと再婚をしていない限り、市川さんの長男と小沢翔容疑者の元妻は男女関係があったとしても不倫関係にはなりません。

ただ小沢翔容疑者と離婚する前から2人の関係があったのであれば、不倫関係になります。

その真実はまだ判明していませんので、分かり次第追記させて頂きます。

まとめ

今回は

事件の概要について

小沢翔容疑者のプロフィール

小沢翔容疑者の犯行動機・理由は?

市川さん長男と小沢翔容疑者の元妻は不倫男女関係?

について記載しました。

 

小沢翔容疑者と市川さんの長男との間に小沢翔容疑者の元妻を巡ってトラブルがあったとのことでこの事件は起き、おそらく市川さんの長男と小沢翔容疑者の元妻が男女関係にあったのかと思われますが、どのような理由があったとしても人を傷つけてはいけません。

最後までお読み頂いてありがとうございました。

スポンサードリンク