清塚伸也の母親、嫁は?猛烈なスパルタ教育や過去の壁とは?【行列のできる法律相談所】

アーティスト

清塚信也(きよづかしんや)が、1月26日放送の『行列のできる法律相談所』に出演されていました。

 

清塚信也は人々を魅了している有名ピアニストで、ドラマや映画などの演奏をしたり、俳優としても活動しています。

 

その活躍っぷりは素晴らしいですが、それまでの努力は並大抵のものではなく、大きな壁にぶち当たっていた事もあったそうです。

 

今回はそんな清塚伸也のwiki、一流になるまでの母親や嫁、猛烈なスパルタ教育や過去にぶち当たった壁についてリサーチいたしました。

スポンサードリンク

清塚信也のwikiプロフィール

名前:清塚信也(きよづか  しんや)

生年月日:1982年11月13日(38歳)

出身地:東京都

血液型:B型

職業:ピアニスト、作曲家、俳優

出身校:桐朋女子高等学校 音楽科

    桐朋学園大学

    モスクワ音楽院に留学

身長:160cm(推定)

趣味:野球、テレビゲーム

母親が韓国人、父親が日本人で、清塚信也さんは韓国と日本とのハーフのピアニストです!

 

話が上手でユーモアがあり、繊細かつダイナミックな素晴らしい演奏でたくさんの人々を魅了しており、『クラシックの伝道師』『クラシックの貴公子』などとも呼ばれています。

その演奏は迫力満点で指の動きが本当に早すぎます!!

 

国内だけでなく、海外でもたくさん賞を獲得しています。

受賞歴】

○1996年  『全日本学生音楽コンクール全国大会中学校の部』  1位○2000年  『第1回ショパン国際ピアノコンクール in ASIA』 1位

○2004年  『第1回イタリアピアノコンコルソ』  金賞

○2005年  『日本ショパン協会主催ショパンピアノコンクール』 1位

【ドラマ、映画】

○ドラマ『のだめカンタービレ』の主役である千秋真一(玉木宏)の吹き替え演奏を担当。

○映画『神童』の「ワオ」(松山ケンイチ)の吹き替え演奏を担当。

○2013年  映画『さよならドビュッシー』の岬洋介役で俳優デビュー。

○ドラマ『コウノドリ』でピアノのテーマを担当。ドラマに出演し一部監督もする。

以下が清塚信也さんの活動内容です。

○年間100~150本の演奏会に出演。

○ゲーム、CM、ドラマ、映画の音楽演奏。

○CD販売。

○学校、施設、病院などで演奏をするボランディア活動。

○父兄を対象にした音楽教育論やピアノ講座も含めたコンサート。

○俳優としてドラマや映画などに出演

ピアニストでこれだけ幅広く活躍している方は珍しく、たくさんのテレビ番組や朝日新聞にまで取り上げられ注目を集めています!

スポンサードリンク

清塚信也の母親はスパルタ!

清塚信也が5歳からピアノを始めたのは母親の勧めで、ピアノの練習量や取り組む際の心意気、姿勢などの指摘までとにかくスパルタだったようです!

 

母親はクラシックが大好きだったが小さい時に習わせてもらえなかった事がコンプレックスだった為、息子にはピアノ、姉にはバイオリンを習わせて自分の夢を託したそうです。

 

ただその教育が以下のように猛烈なスパルタっぷりだったようです。

○毎日12時間の練習をさせ、その時間が足りない時は学校を早退させるという徹底っぷり。

 

○演奏中に笑う事を禁止。

 

○「人はいつかずっと寝る時が来るのだから起きておきなさい。」と言われ、朝5時からトーキックで起こされ練習。

 

○5歳の頃に「ピアニストになれないなら生きなくていい。」と言われる。

 

○ゲーム、外出禁止、小遣いなし。

母親が出かけている間に、姉と順番に母親が帰ってこないか見張りながら遊んで息抜きなどはしていたそうですが、小さな頃にここまで厳しい教育下の中で、しっかりピアノ練習を続けていた清塚信也さんの根性も素晴らしいですね!

 

母親のこの厳しい教育は愛情であったので、学校を早退させる事で清塚信也さんが学校で目を付けられないようにフォローを入れたり、自らPTAに参加するなど息子さんの事をしっかり考えて動いていたそうです。

清塚信也自身も一流ピアニストになる事ができたのは母親のおかげだと心から感謝をしているそうです。

清塚信也の過去の壁とは?

清塚信也が世界レベルの一流ピアニストになるまでには上記の母親のスパルタ教育をこなしただけではなく、大きな壁にぶつかっていた事がありました。

 

大学生の頃、ふと自分にはピアノしかない事に気づきます。

 

そしていい加減な周りの態度、先生を含む大人達への屈折してしまう思い、友人からの裏切りなど全てが嫌になり、自分は最低の人間であると絶望していたが、それでもピアノだけは好きで捨てられなかったので、知り合いがおらず1人になれる海外へ行こうとモスクワ音楽院に留学します。

 

モスクワで2年間勉強後帰国すると、口を聞ける人は家族だけしかおらず、いつの間にかピアノまで嫌いになっていたそうです。

 

そんなどん底の心境下の中でコンサートには出演しつつピアノを続けていると、いい人間になりたいと思い始め、今まで教えて下さった素晴らしい先生や、人との出会いや繋がりを通してピアノを続けてくる事ができたことに気づき、先生や今までお世話になった方に挨拶をしにいくなどし、人の繋がりを作っていきました。

 

そうする事で徐々に思い悩んでいた事から吹っ切っていく事ができ、ピアノの演奏へのコンディションも良くなり、そこからテレビの楽曲演奏などで活躍していく事ができたのです!

 

小さい頃からこれだけピアノに特化していると人とコミュニケーションを取ったり、他の事を学んだり、じっくり考える時間などを作れないので、ふと我に戻った時に今まで気づいていなかった事や悩む事、壁にぶち当たる事もあって当然の事だと思います。

 

その壁を乗り越えたからこそ、才能と人間味溢れる今の清塚信也がいてるのですね!

スポンサードリンク

清塚信也の嫁は?

清塚信也の嫁は女優の乙黒えりさんで、2012年に結婚されています。

 

乙黒えりはタイで生まれた、タイ、イギリス、日本のミックスです。

 

馴れ初めは知人の紹介だそうで、乙黒えりさんも小さい時にピアノを習っていたので気が合い、とても仲良しなご夫婦だそうです。

 

才能溢れた美男美女のご夫婦でとてもお似合いですね!

 

お子様は2人いてますが、清塚信也もハーフですのでお子様は韓国、タイ、イギリス、日本の4か国のミックスになります。

最後に

今回は

○清塚信也さんのwikiプロフィール

○清塚信也さんの母親はスパルタ?

○清塚信也さんの過去の壁は?

○清塚信也さんの嫁は?

について記載いたしました。

 

清塚信也は元々お笑いが好きで最近バラエティ番組などにも出演しており、おもしろい話術も持っているのでそういったトークも目が離せませんね!

 

清塚信也の音楽才能溢れる遺伝を引き継いだお子様が、将来どのような方になっていくか成長も楽しみです!

 

最後までご覧頂きましてありがとうございました。

スポンサードリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました