速報

深田恭子の闇、働きすぎか。適応障害なぜ?更年期障害との違いも

スポンサードリンク

2021年5月26日に深キョンこと深田恭子(ふかだきょうこ)適応障害の為、芸能活動休止を発表し休養に入るようですが、更年期障害とは関係ないのでしょうか?

深田恭子が適応障害になった理由はなぜなのか、働きすぎが原因なのでしょうか?

今回は深田恭子の適応障害と更年期障害の違い、病気になった原因は働きすぎなのか、抱いている仕事や心の闇について見ていきたいと思います。

スポンサードリンク

深田恭子(深キョン)が適応障害になった理由はなぜ?

2021年5月26日に「深キョン」こと深田恭子(ふかだきょうこ)が適応障害になった為、芸能活動休止を発表し、世間では心配の声がたくさん上がっています。

2020年の春頃から度々体調を崩していたとのこと。

深キョンと言えばぷにぷにしながらもスタイル抜群のイメージですが、2020年頃から体は細くなり、疲れているような顔つきが見受けられ、一部の視聴者からは「激やせした」「やつれた」などの声が出ていましたので、本当に痩せていてその理由はストレスによる適応障害であったのでしょう。

休養に入るようですが、適応障害になった原因はなぜなのでしょうか?

適応障害とはストレスが原因で、心身に不調をきたす精神疾患です。

仕事のストレスなのか、恋愛や私生活で何かあったのでしょうか?

深田恭子の現在の彼氏は杉本宏之(すぎもとひろゆき)ですが、彼氏との間に揉め事などがあったのか、破局したのか?とも思いましたが、杉本宏之は現在も深キョンの体を心配してしっかりサポートしているようです。

どうやら病気になった理由は恋愛ではなく、仕事のストレスだったことが判明しました。

深田恭子(深キョン)が適応障害になった原因は働きすぎ?

深田恭子(ふかだきょうこ)が適応障害になった原因の1つに、働きすぎであったことが挙げられるようです。

深田恭子は元々仕事が好きで、杉本宏之のことは好きだが結婚は今すぐする気はなく、「一緒にいられるだけでいい」と思っていたそう。

深キョンは38歳ですので出産のことまで考えると、そろそろ結婚願望が強くなっているのではないかと思ってしまいますが、それでもまだ結婚よりも仕事に精を出したいなんて、かなりの仕事好きですよね!

そんな深キョンでしたが、女性セブンの報道によると、最近は仕事量がとても多くなり、セクシー系のドラマにも出演したこともあり、体力と精神力が追いつかなくなり、思い悩むようになってしまったとのこと。

ドラマ、映画、舞台、CM、イベントなどたくさんの仕事から引っ張りだこであり、コロナの影響で仕事が過密スケジュールになってしまったことも大きかったそう。

1日18時間労働の状態が3週間程続いたとか・・・

そんな状況であれば、誰でも体力的にも精神的にもキャパを超えてしまいそうですが。

事務所ホリプロは体育会系なのかもしれませんね。

よって、深キョンが適応障害になった原因は働きすぎと、自分がやりたい方向性ではない仕事をしていたことによってストレスが溜まってしまったからのでしょう。

深キョンは自分が「まだまだ仕事をやりたい」と言ってしまっていたので、無理をして仕事をこなし、さらに悩みがあっても外に出さない性格ですので、ストレスを抱え込んで悪化

芸能界はプレッシャーが大きい仕事ですし、ストレスを自分の中で抱え込んでしまうタイプであれば適応障害まで悪化しても不思議ではありません。

かわいそうでなりませんね・・・

深キョンは女優歴が長いので、今になって急に適応障害になってしまったのは驚きですが、それだけ仕事量が多かったのでしょうし、38歳になっても仕事のオファーがたくさんくる辺りはさすがですね!

スポンサードリンク

深田恭子(深キョン)が抱いている仕事、心の闇とは?

深田恭子(ふかだきょうこ)は心の中に闇を抱いているのではないかとの声が以前から上がっています。

実際に、2020年9月にインスタで

「私はよくマイペースと言われるのですが、これでも誰かの何かに追いつけるように走っている・・・ちゃんと走らなきゃ追いつけないから・・・」

引用:インスタグラム

と投稿していたのです。

深田恭子にとってはただのつぶやきだったのかもしれませんが、この文章を見ていると、「自分は人よりもマイペースなので、必死に頑張らないと他の人に追いつくことができない」とプレッシャーを感じているように思います。

SNSでこういった発言をしていることから、精神的に少し弱そうな雰囲気が読み取れますね・・・

また「女性セブン」の報道によると、深田恭子は「最近仕事量がとても多くなり、セクシー系のドラマにも出演したこともあり、体力と精神力が追いつかなくなり、思い悩むようになってしまいストレスが悪化して適応障害になった」とのこと。

深キョンはただでさえ仕事のプレッシャーを感じやすい上に、たくさんの仕事量や、自分がやりたい方向性ではない仕事のオファーに精神がついていかなくなってしまったのでしょう。

よって深キョンが抱いている闇は、自分がマイペースであるがゆえの仕事のプレッシャー、たくさんの仕事量、自分がやりたくない方向性の仕事はもちろん、それらに対しての自分の限界を人に伝えることができなかったことにあったのではないかと思われます。

スポンサードリンク

深田恭子(深キョン)の適応障害と更年期障害の違いは?

深田恭子(ふかだきょうこ)は適応障害を伴っていますが、更年期障害ではありません。

適応障害と更年期障害の違いについてですが

【適応障害】

日常的なストレスにうまく対処することができなくなったことが原因で、抑うつや不安感などの精神症状が出たり、行動面に変化がもたらされて社会生活や心身に不調をきたす精神疾患のひとつ。

【更年期障害】

閉経を迎える50歳前後の年齢、一般的に45〜55歳頃の女性を更年期と言い、卵巣の機能が低下し、女性ホルモンの分泌が急激に減少することによってホルモンバランスが崩れ、心身に様々な不調があらわれる症状。

つまり適応障害の原因は日々のストレスであることに対して、年期障害の原因は、生理が終わる影響によってホルモンバランスが崩れることにあります。

適応障害と更年期障害の症状は似ていますが、原因が違いますね。

深田恭子は現在38歳更年期には早すぎることから、更年期障害ではないことが分かります。

ちなみに適応障害は、原因となるストレスを感じてから1か月〜3か月以内に発症するとのことですので、2020年の時点からやつれているように見えていた深田恭子はその頃から適応障害を伴っていた可能性もあります。

療養期間については、一般的にはストレスが解消してから6か月以内に症状が改善すると見られていますが、ストレスを長く抱いていると症状が長期間続くこともあるようです。

深キョンが抱いているストレスの重度は本人にしか分かりませんが、元々は芸能界の仕事が好きですし、一旦芸能活動を休止して療養してストレスから解放されれば、また戻ってくるのではないでしょうか?

結婚適齢期であることもあり、彼氏の杉本宏之が深キョンに仕事と結婚のどちらを進めるのかもよりますが・・・

深キョンはファンも多いことですし、早く元気になって戻ってきて頂きたいとは思ってしまいますが、本人の身体が一番大切ですね。

【深田恭子がの結婚はいつなのか、歴代彼氏や男好きの噂についての記事はこちら】

深田恭子の結婚いつ?付き合った人や男好きの噂も(深キョン)

【深田恭子の輪郭やほうれい線の変化、表情が固いや若作りの真相についての記事はこちら】

深田恭子の輪郭やほうれい線の変化!表情が固いや若作りとの意見も

スポンサードリンク

まとめ

今回は

深田恭子(深キョン)が適応障害になった理由はなぜ?

深田恭子(深キョン)が適応障害になった原因は働きすぎ?

深田恭子(深キョン)が抱いている仕事、心の闇とは?

深田恭子(深キョン)の適応障害と更年期障害の違いは?

について記載致しました。

 

深キョンが適応障害になってしまい、ファンが多いこともあって心配の声もたくさん上がっていますね。

彼氏とは上手くいっていて、サポートしてもらっているのが唯一の救いです。

結婚よりも仕事を選ぶ時点で仕事が好きなのでしょうが、無理はしすぎないようにして頂きたいものです。

しばらくは休養して頂いて、元気になった深キョンを見れることを楽しみにしています。