速報

人狼舞台、劇場クラスターの場所はどこ?感染者数は何人で感染経路も調査

スポンサードリンク

「THE★JINRO-イケメン人狼アイドルは誰だ!!」の舞台で劇場クラスターが起き、2020年7月6日から「スーパーブレイクダーン」のTAKUYA、HIRO、主演の山本裕典(やまもとゆうすけ)有村昆(ありむらこん)石原純斉藤広樹、吉本坂46の榊原徹士(さかきばらてつじ)などの出演者、スタッフや観客など次々に新型コロナウイルスの感染者が確認されています。

人狼の劇場クラスター名前や、場所はどこなのでしょうか?

また感染者数感染経路、情報についても見ていきたいと思います。

スポンサードリンク

人狼舞台・劇場クラスターの概要について

 俳優、山本裕典(32)らキャストや観客から新型コロナウイルスの感染者が相次いでいる舞台「THE★JINRO-イケメン人狼アイドルは誰だ!!-」に出演した俳優、石原純がPCR検査の結果、陽性だったことを13日、分かった。

所属事務所が公式サイトで発表した。

石原は濃厚接触者と指定され、舞台終了後から自宅待機をしており、12日に受けた同検査で感染が判明。

現在、本人に症状はないが、保健所の指示に従い、治療に専念するという。

また、同舞台に出演していた所属俳優、廣瀬大介は14日にPCR検査を受けることが決まった。

6月30日から7月5日まで新宿シアターモリエールで上演された同舞台をめぐっては、千秋楽翌日の6日に出演者の1人、TAKUYA(23)の感染が発覚。

保健所から全出演者、スタッフに自宅待機要請が出され、PCR検査を実施したところ、出演者16人、スタッフ5人、観客16人の計37人(13日現在)の陽性反応が確認されていると主催者はこの日夜、発表している。

その後、石原の感染が発覚し、出演者は17人となった。

また、全12公演で観客に感染者が出ており、この日、観覧した約800人の全観客が濃厚接触者と指定され、出演者、スタッフを合わせると850人に上る。

引用:https://news.yahoo.co.jp/

人狼舞台・劇場クラスターの名前、場所はどこ?

新型コロナウイルス感染クラスターが発生している「THE★JINRO-イケメン人狼アイドルは誰だ!!」の舞台の場所は新宿シアターモリエールと報道されています。

新宿シアターモリエールどこにあるのでしょうか?

場所は以下になります。

【住所】

〒160-0022 東京都新宿区新宿3丁目33−10

新宿モリエールビル2F

【アクセス】

○JR新宿駅 中央東口・南口から徒歩4分

○都営新宿線 新宿三丁目駅のA1出口から徒歩2分

スポンサードリンク

人狼舞台・劇場クラスターの感染者数、感染経路は?

東京都新宿区の人狼の舞台・劇場であった新宿シアターモリエールでのクラスター発生による、新型コロナウィルス感染経路や感染者数、情報について調べました。

「THE★JINRO-イケメン人狼アイドルは誰だ!!」2020年6月30日から7月5日まで上演しておりその間に感染が拡大し、2020年7月6日から感染者が次々と発見されています。

○7月6日に感染確認された「スーパーブレイクダーン」のTAKUYA。

○7月9日に感染確認されたスタッフ、観客等計3人。

○7月10日に感染確認された20〜50代のスタッフ、観客等計10人。

○7月11日に感染確認された主演の山本裕典(やまもとゆうすけ)、

TAKUYAと同グループで舞台にも出演していたHIRO、

「BLACK IRIS」の斉藤広樹、

6月30日の観客で相模原市の30代女性の他、スタッフや観客等計6人。

○7月12日に感染確認された吉本坂46の榊原徹士(さかきばらてつじ)、有村昆(ありむらこん)、その他スタッフ等

○7月13日に感染確認された石原純等。

7月12日時点では出演者16人、スタッフ5人、観客16人計37人の感染が確認されています。

*7月15日時点で感染が確認されたのは出演者17人、スタッフ8人、観客34人計59人となっています。

この劇場クラスターが起きてしまった原因については

この感染拡大の原因とみられるのが、体調不良の出演者がいながら上演を強行した疑いだ。関係者は「楽屋で“体調が悪いのに出続けている出演者がいる”と聞いて大丈夫なのかと思った」と明らかにした。

出演者の健康状態については、主催者側も把握していたとみられる。

小規模な劇場のため、楽屋は8畳ほどの大きさで、出演者の多くが同時に滞在することもあったという。

検温やマスク着用など気を付けていたが、密になる場面が数多くあったことは否めない。

出演者ら全関係者が濃厚接触者と指定されるなどソーシャルディスタンス維持ができていなかったのが実情だ。

引用:https://news.yahoo.co.jp/

吉本坂46の榊原徹士(さかきばらてつじ)7月3日にゲストで出演し、7月10日に感染が確認され、現在は自宅待機で人と接触することなく治療を続けているようです。

石原純は現在症状はありませんが、舞台が終了してから自宅待機を続けています。

また舞台の出演者の俳優である廣瀬大介14日にPCR検査を受けることが決まりました。

濃厚接触者はスタッフや観客等約850人に上ることが明らかになりPCR検査を進めていますので、今後感染者が出てくる可能性もあります。

東京都は新宿シアターモリエールが感染拡大防止のガイドラインを順守していたかどうかなどを調査し、再発防止策の提出がなければ劇場に休業を要請するようです。

スポンサードリンク

まとめ

今回は

人狼舞台・劇場クラスターの概要について

人狼舞台・劇場クラスターの場所はどこ?

人狼舞台・劇場クラスターの感染者数、感染経路は?

について記載しました。

 

この劇場クラスターで濃厚接触者が850人にもなるとPCR検査をするのも大変ですし、また新たに感染者が発覚する恐れもありコロナウィルスの感染拡大っぷりは本当に恐ろしいものです。

特に東京では現在感染が広がっていますので、もしかしたら出演者だけでなく観客やスタッフの中にも元々コロナウイルスに感染していた人がいた可能性もあるのではないかと思ってしまいます。

1日でも早くコロナウイルスの感染拡大が収束することを祈っております。

スポンサードリンク