岡本行夫の兄弟、子供や元嫁(妻)の佐藤陽子など家族は?大学はどこ?

政治家

岡本行夫(おかもとゆきお)wikiプロフィールや経歴、兄弟、子供や嫁(妻)などの家族、出身大学について調べました。

また岡本行夫の元嫁(妻)佐藤陽子プロフィールもまとめました。

岡本行夫が4月24日に新型コロナウイルスによりお亡くなりになりました。

今回は

岡本行夫のwikiプロフィール

岡本行夫の経歴は?

岡本行夫の兄弟など家族は?

岡本行夫の元嫁(妻)の佐藤陽子のwikiプロフィール

岡本行夫の子供は?

岡本行夫の出身大学はどこ?

について記載しました。

スポンサードリンク

岡本行夫のwikiプロフィールや経歴

名前:岡本 行夫(おかもと ゆきお)

生年月日:1945年11月23日

年齢:74歳

出身地:神奈川県、市藤沢市

職業:外交評論家、実業家

スポンサードリンク

岡本行夫の経歴は?

岡本 行夫(おかもと ゆきお)は大学を卒業後、1968年に外務省に入省し、在アメリカ合衆国日本国大使館の参事官や北米局安全保障の課長など日米における有力なポストを務めていましたが、現場に関われないのが嫌で1991年に退職しました。

その後はコンサルタント会社を経営し、外交評論家として活動していました。

外務省でそれだけ活躍していたのに退職して、コンサルタント会社や外交評論家として活動するなんてとても人間味溢れる方なのでしょう。

そして内閣総理大臣外交顧問などを務め、マサチューセッツ工科大学の国際研究センターシニアフェロー、立命館大学の客員教授、青山学院大学の特別教授などとしても務めていたようです。

これだけ有名大学に必要とされ、たくさんの仕事をこなせるのもかなり器用です。

岡本行夫の兄弟など家族は?

出典:http://www.ritsumei.jp/

岡本行夫の家族について調べました。

まず兄弟ですが、兄と弟が1人ずついてるようです。

岡本行夫だけでなく兄弟も秀才で、2人ともなんと東京大学卒業だそう。

そして両親も賢く父親農林省で働いており、母親玉川園の教師として務めていました。

優秀すぎる家族ですね。

ちなみに母親は今年105歳で元気にしているそうです!

スポンサードリンク

岡本行夫の元嫁(妻)の佐藤陽子のwikiプロフィール

岡本行夫の元嫁(妻)バイオリニスト佐藤陽子で、2人はパリで出会い大恋愛をして佐藤陽子が24歳の時に結婚しましたが、約6年後に離婚しました。

離婚理由は佐藤陽子がローマ画家池田満寿夫と運命的な出会いをし、交際に発展したことによるものだったそう。

その後佐藤陽子と池田満寿夫は仲の良い夫婦と見られていましたが、正式には結婚していなかったようです。

ですので岡本行夫と現在もまだ仲は良かった可能性もあるかと思われます。

出典:http://0845.boo.jp/

名前:佐藤陽子 

生年月日:1949年10月14日

年齢:70歳(2020年5月現在)

学歴:モスクワ音楽院附属学校

職業:バイオリニスト

 

佐藤陽子は3歳バイオリンを始め、ロシアのモスクワ音楽院附属学校を卒業後、1962年にモスクワデビューをしました。

ロシアではチャイコフスキー国際コンクールなど数々のコンクールで受賞し、バイオリニストとして活躍していたようです。

その後1976年に帰国し、以降はバイオリニストだけではなく歌手やタレント、エッセイも書き幅広いフィールドで活動しています!

岡本行夫の子供は?

出典:https://www.msn.com/

岡本行夫に子供はいてるのでしょうか?

1979年に佐藤陽子離婚していますが、息子も娘もいるとの情報はありません。

岡本行夫は仕事をバリバリするタイプにも見えますし、逆に子供がいなかったので離婚できたのかもしれませんね。

ちなみに佐藤陽子と離婚してからは他の方と再婚したとの情報はありませんので、岡本行夫は独身だったと思われます。

池田満寿夫に略奪された形になってしまいましたので、もう結婚願望はなかったのかもしれないですね。

スポンサードリンク

岡本行夫の出身大学はどこ?

岡本行夫の出身大学一橋大学で、1968年に卒業しています。

学部は経済学部で、一橋大学の偏差値は67.5。

ちなみに出身高校は神奈川県立湘南高等学校で、こちらも偏差値74という高さ。

やはり岡本行夫は秀才で、どのような仕事でも臨機応変にこなせてしまうのでしょう。

まとめ

今回は

岡本行夫のwikiプロフィールや経歴

岡本行夫の兄弟は?

岡本行夫の元嫁(妻)の佐藤陽子のwikiプロフィール

岡本行夫の子供は?

岡本行夫の出身大学はどこ?

について記載しました。

 

岡本行夫は外務省で有力なポストを任され活躍していたのに、現場に関われないのが嫌で退職し、コンサルタント会社や外交評論家として活動するなんてとても人間味溢れる方なのでしょう。

その後も内閣総理大臣外交顧問やマサチューセッツ工科大学、立命館大学、青山学院大学の特別教授としても務め、とても幅広いフィールドでの活躍ぶりでした。

今まで外交評論家、実業家としてたくさん活躍し貢献して下さった岡本行夫に、多大なる感謝とご冥福をお祈りいたします。

スポンサードリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました