俳優

イルファンカーンのwikiプロフィールや経歴、家族や嫁(妻)は?

スポンサードリンク

インド人の名俳優であるイルファンカーンwikiプロフィールや経歴、家族や嫁(妻)子供について調べました。

イルファンカーンは2018年に神経内分泌腫瘍(しゅよう)になりその後仕事に復帰していましたが、2020年4月29日に結腸感染症でお亡くなりになられました。

スポンサードリンク

イルファンカーンのwikiプロフィール

名前:イルファンカーン

生年月日:1967年1月7日

年齢:53歳

身長:183cm

出身地:インドのラジャタン州

イルファンカーンは独特な雰囲気と素晴らしい演技で人気を集めていたインド人の名俳優です。

インドだけでなく、ハリウッドや西洋映画においても大活躍していました。

スポンサードリンク

イルファンカーンの経歴は?

イルファンカーンはラジャタン州ムスリム(イスラム教徒)の藩王太守の家系に生まれました。

両親タイヤ事業を営んでいたようです。

ジャイプールで修士号を取得し、国立演劇学院に3年間通いディプロマコースを先行して演技を学びました。

そして1980年代後半からドラマの脇役などの出演を務め、俳優としてのキャリアを積んでいきました。

1990年代には映画出演も果たしたものの、しばらくの間は無名の作品が多くなかなか注目されませんでしたが、2000年頃からその演技力を評価され本格的に映画俳優として注目され活躍し出しました。

特に2006「その名にちなんで」では自国だけでなく国外からも高い評価を受け、アメリカやイギリスの映画の出演も果たしていきました。

ボリウッドだけでなく、ハリウッドや西洋映画にも進出したのです!

2008「スラムドックミリオネア」や、2012「アメイジング・スパイダーマン」「ライフオブパイ/トラと漂流した227日」2014「ジュラシックワールド」など次々と注目を集めていきました。

イルファンカーンは、なんと国際インド映画アカデミー賞、スター・スクリーン・アワード、フィルムフェア賞主演男優賞3冠を果たしています!

さらに日、蘭、加の合同制作による2016NHKスペシャルドラマ「東京裁判」にもインド派遣の判事役で出演しました。

日本ではやはりスラムドックミリオネアジュラシックパークワールドの印象が残っている方が多いようですね。

スポンサードリンク

イルファンカーンの嫁(妻)や子供など家族は?

イルファンカーンは嫁(妻)や子供など家族がいてるのでしょうか?

調べてみたところ、嫁(妻)は国立演劇学院の仲間であったスタパシクダールです。

19952月に結婚しました。

またバビルカーンアヤンカーン2人の息子がいるようです。

息子達もイルファンカーンの才能を引き継いでいるとしたら将来有望ですね!

スポンサードリンク

まとめ

今回は

イルファンカーンのwikiプロフィール

イルファンカーンの経歴は?

イルファンカーンの嫁(妻)や子供など家族は?

について記載しました。

 

イルファンカーンが出演している映画を何気なく見ていた方も多いのではないでしょうか?

イルファンカーンは若い時から演技力がとても高く迫力があり、つい見入ってしまいます。

今まで俳優としてたくさんの楽しみを与えてくれたイルファンカーンに、多大なる感謝とご冥福をお祈りいたします。

スポンサードリンク