コロナウイルスの影響で就職活動はどうなる?説明会イベントの中止延期やオンライン面接!?

事件

就職活動が始まっている時期でありますが、コロナウイルスの影響によりたくさんの企業が説明会やイベントが中止、延期されています。

 

説明会を中止すると面接にも進めないですし、企業側は一体どのような対策を打つのでしょうか?

 

就職活動生側からすると自分の将来がかかっているというのに、このような事態になってしまい本当に大変ですよね・・・

 

今回は説明会やイベンとの中止・延期、面接のオンライン化、コロナウイルスによって企業と就活生に出る悪影響についてリサーチいたしました。

スポンサードリンク

説明会イベントが中止!

今就職活動が始まっている時期ですが、コロナウイルスが広まっている中で人が集まる企業説明会や合同イベントなどを開いてしまうと、より感染者が拡大してしまう可能性があります。

 

そのような事態を避ける為に、たくさんの企業が次々に説明会やイベントの中止、延期をしています。

 

おそらく3月以降も説明会の中止や延期が増えていくでしょう。

 

ただコロナウイルスは今から徐々に広がっていくと予測されており、4月5月に感染者数が最も多いピークを迎え、そこから早くても8月ぐらいまで感染者数が減っていき落ち着いていくと言われていますので、説明会の延期や中止をすると説明会が開催されるようになるのはかなり先になってしまいますし、それがいつ頃かの目処も立ちにくいので企業側もスケジュールを組みにくく大変厄介ですよね。

 

そこで企業が取り入れているのがオンライン説明会です!

 

webを使ってオンラインの説明会を開催する事で、就活生は自宅で安心して企業の説明を受ける事ができるようになるのです。

 

現代っぽい対策であり、就活生からすると企業まで出向く手間が省けるので便利に思う人も多いかもしれませんね!

オンライン面接を取り入れる!?

では面接は一体どのように行うのでしょうか?

 

実は面接もオンラインで行う事を決定している企業が相次いでいます。

 

さすがに面接までオンラインになると、就活生からすると「自分の意志や熱意、愛嬌などが企業側に本当に伝わるのか?」という不安や違和感を抱くかと思います・・・

 

もし自分が就活生であれば、企業側に直接アピールできないもどかしさを抱いてしまうと思います。

 

とはいえ、そんな事を言っていられない事態ですので、企業側も泣く泣く面接のオンライン化を取り入れているのでしょう。

スポンサードリンク

コロナウイルスによって企業と就活生に出る悪影響とは?

コロナウイルスによって企業と学生に出る悪影響は下記のようにたくさんあります。

 

○説明会やイベントが中止されると学生は企業の情報を得られず、ネットの情報だけで判断しないといけなくなる。

 

○コロナウイルスがいつまで拡大するかはっきりとした検討がつかないので、企業側は今後の説明会や面接の段取りを組む事が困難。

 

○オンライン面接だと直接会えないので、就活生の意志、熱意、愛嬌、雰囲気などが伝わりにくい為、就活生は不便に思い、企業側も読み取りにくく採用を決めにくい。

 

○就職活動自体が不安を抱いてしまい、早めに内定がでた企業に就職を決めてしまったり、コロナへの恐れにより、早めに就職活動を切り上げてしまう可能性も。

オンラインでの説明会や面接は行く手間が省けるので便利ですが、就活生に取って就職活動は将来を左右する大事な活動であるのに、じっくり活動できないと判断材料も少なく大変困りますよね。

【コロナウイルスによる全国百貨店の臨時休業や時短営業などの影響についての記事はこちら↓】

コロナウイルスで高島屋が時短営業、大丸松坂屋は休業?阪急は?百貨店客入りなどリアルな実態!

最後に

今回は

○説明会イベントが中止!

○オンライン面接を取り入れる!?

○コロナウイルスによって企業と就活生に出る悪影響とは?

について記載いたしました。

 

最後までご覧頂きましてありがとうございました。

スポンサードリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました