現金給付金30万円は誰がいつもらえる?条件・基準や申請方法は?申請書の取得方法も

速報

新型コロナウイルスの影響を受けて収入が減っている世帯が続出していますが、現金給付金30万円は誰がいつもらえるのでしょうか?

30万円現金給付金の対象となる基準・条件や申請の仕方、必要書類や申請書の取得方法は決定したのでしょうか?

緊急事態宣言によって休業となっている会社も出てきており、深刻な問題がたくさん出てきています。

今回は

現金給付金30万円の制度とは?

現金給付金30万円の対象となる条件・基準とは?

現金給付金30万円はいつもらえる?

現金給付金30万円の申請方法は?申請書の取得方法は?

についてまとめてみました。

スポンサードリンク

現金給付金30万円の制度とは?

現金給付金30万円の制度とは、新型コロナウィルスの影響により今年の2月から6月の間で収入が減っている世帯を補助するために、政府が各世帯に給付を行う制度である。

新型コロナウィルスの影響を受けて業績が厳しく数ヶ月前から収入が下がっている会社や、緊急事態宣言により会社が休業になってしまい仕事がなくなったり、休業中の保証金を受けることができない方も出てきているので、政府は早く給付を開始できるよう準備に取り掛かっています。

政府は現金給付金30万円の対象となる条件・基準を、年間所得が非課税対象者になるかどうかという基準で進めていましたが、この基準だとかなり厳しく該当者が少なく、判断基準も曖昧だった為、410日に給付金の新しい条件・基準を改正し発表しました。

現金給付金30万円の対象となる新しい条件・基準は完全に決定したわけではありませんが、ある程度のベースは決まったようです。

現金給付金30万円の対象となる条件・基準とは?

現金給付金30万円の対象となる条件・基準についてですが、

○単身、または扶養をする親族がいない場合

今年の2〜6月の月収が10万円以下

○扶養する親族がいる場合

扶養する親族が1人増えるごとに、今年の2〜6月の月収が10万円

+5万円(一人に付き)を加算した月収額が基準となる。

あくまでも新型コロナウィルスの影響によって収入が減っている世帯を対象とするので、年金で生活する高齢者や生活保護受給者など時給額が変わっていない世帯は給付金を受ける対象にはならない。

定年退職や転職などによって収入が減った世帯なども対象にはならないが、収入減の原因を特定する方法が難しく時間がかかるため、検討していく予定である。

また共働きで配偶者の収入が世帯主よりも多い場合も、給付可能かどうか検討していくようである。

個人事業主に関しては、収入から経費を差し引いた所得額ではなく、収入の額で判断する。また源泉徴収票等などによって前年の収入と比較をするが、月ごとに収入の変動が大きい世帯は比較方法を今後検討していくようである。

一定の基準を設けていても例外パターンの収入の世帯も色々出てくるので、もう少し細かい条件・基準設定をしていく必要があるようですね。

スポンサードリンク

現金給付金30万円はいつもらえる?

現金給付金30万円はいつ頃もらえるのでしょうか?

補正予算を国会に通し、またそれぞれの市町区村においての補正予算も組まないといけない為、今月中に給付を始めるのは難しいようです。

5月中の給付を目指しているそうですが、市町区村よってそれ以降に遅れてしまう自治体が出てきてしまう可能性もあるそうです。

新型コロナウイルスの影響を受けて、休業になっていない会社や休業になる前から業績が厳しい会社などは数ヶ月前から収入が下がっている所も多いですし、一刻も早く給付を開始してほしいものですね。

現金給付金30万円の申請方法は?申請書の取得方法は?

現金給付金30万円の申請方法

○郵送

○オンラインによるweb申請

となる見通しである。

当初は個人個人が必要書類を持って区役所でへ出向いて申請する方法で進めていましたが、そうなるとたくさんの人が区役所に集まることで、区役所内で新型コロナウイルスに感染したりクラスターが発生するなどの恐れがある為申請方法が改正されました。

申請書の取得方

○総務省のホームページからダウンロード

○市区町村で配布

となるよう準備を進めている。

こういった申請方法だと人に接触する事も少ないのでまだ安心して申請する事ができますね。

給付方法本人名義の銀行口座に振込みとなります。

【無利子貸付金についての記事はこちら↓】

無利子貸付金(コロナウイルス対策)は誰がいつ受けれる?条件・基準や申請方法。どこで申請?

まとめ

今回は

現金給付金30万円の制度とは?

現金給付金30万円の対象となる条件・基準とは?

現金給付金30万円はいつもらえる?

現金給付金30万円の申請方法は?申請書の取得方法は?

についてまとめました。

 

緊急自体宣言によって休業を要請されたり、営業時間短縮となり今月に入ってから、収入が激減している方が続出しており大変深刻な状況です。

新型コロナウイルスの感染者もどんどん増えていっており、この厳しい状況がいつまで続くかわかりませんし、特に家賃やローンがあったり子供を抱えている方は、毎月払わないといけない額が多く深刻な状況なので一刻も早く給付を開始してほしいものです。

スポンサードリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました